卸で風呂敷を注文したいとご検討されている方は、早めに見積もりをしておきましょう。

 

卸注文の手順は製造先により異なりますが、基本は風呂敷の場合「デザイン作成、見積もり、商品製造、納品」という流れになります。

 

風呂敷は模様をデザインする楽しさもあるため、デザイン作成は、イラストレーターなどのデザインソフトで自ら作成して製造先に依頼する方法と、製造先が用意したデザインから選択する方法があります。

 

そしてデザイン、予定枚数、カラー、素材などを指定して見積もりを依頼します。
卸価格など見積もり結果に満足できたら、ここから本契約となり製造が始まるため、目安として納品まで1か月以上の日数は要する場合が多いでしょう。

そのため、早めに見積もり依頼をしておかないと、用意していた費用が卸価格に足りない、必要な日までに風呂敷が完成しないというトラブルも。

 

風呂敷をオリジナルで作成する場合、染める工程が発生しますから、日数には余裕を持って卸注文しましょう。